読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたがり野郎

死ぬ理由を探してるけど死なない

死にたがり4 恐怖

はじめは死ぬことは怖くなかった。 しかし死ぬことを現実的に考えた時、死ぬことが怖くなった。 死後の世界がわからないからだ。 地獄というものが本当に存在するのだろうか。 それともすぐに輪廻が回るのだろうか。 それとも真っ暗な闇なのだろうか。 もし…

死にたがり3 交流

社会の中で過ごし人のことを考えることが面倒だと感じた。何を行動するにしても人の目を気にしなければならない。気にしなければいいという人もいるが、そうすることはとても難しい。人の目を気にしなければ孤立してしまう。孤立とは針の筵だ。人間は社会で…

死にたがり2 天秤

社会には辛いことと楽しいこととどちらの割合が大きいか。 言うまででもないだろう。 では、そんな社会で生きる意味は? 飴1つの為に鞭で10回叩かれるような場所で生きる意味はあるのだろうか。 それなら何も与えられない方が良いのではないか?生まれてこ…

死にたがり1 めんどくさい

ひとつ、私にとって身なりを整えることは周りの目に気をつかうことである。 もし、この世界に私が1人ならば、きっと3日に一度シャワーを浴びる程度だっただろう。 ところがどうだ。 やれ、肌を整えるだの、髪を梳かすだの、歯を磨くだの、体毛の処理をするだ…